IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用 ヒストステイナーAT用

MUC6Mucin 6

■動物種:マウス
■クローン名:MRQ-20
■抗体のクラス/サブクラス:IgG1
■使用目的:組織・細胞中のヒトMUC6 タンパク質の染色

■資料
パンフレット

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 418381 抗MUC6モノクローナル抗体(MRQ-20) 希釈済
50テスト
(6mL)
52,000 H  
研究用 718381 抗MUC6モノクローナル抗体(MRQ-20)(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト
(12mL)
H  
研究用 AT1838-1 抗MUC6モノクローナル抗体(MRQ-20)(AT 用) 希釈済
50テスト
(6.5mL)
H  

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

特異性および抗原分布

ヒトMUC6 タンパク質と特異的に反応する。ムチン(MUC)は高分子量のO-結合型糖タンパク質で(1)、分泌型と膜結合型の2つに分類される(2)。MUC6 は、分泌型ムチンに属し(3)多くの臓器の上皮細胞で産生され、ゲルを形成することで粘膜表面を保護する(1)(4)。正常では、胃の頸部粘液細胞や幽門腺細胞、噴門腺細胞、十二指腸のブルンナー腺細胞などの細胞質に発現がみられる(5)。また、バレット食道(6)、胃の腸上皮化生(7)などに発現がみられることがある。腫瘍では、胃癌(5)(8)や大腸癌(3)(5)(9)、膵管内乳頭粘液性腫瘍(10)などに発現がみられることがある。MUC6 は胃型マーカーとして利用されており、MUC2(腸型マーカー)やMUC5AC(胃型マーカー)などと併用した免疫組織化学染色は、胃(7)や膵臓(10)などの腫瘍の粘液形質発現に基づく組織型分類に有用である。

文献

(1) Bafna S, et al. Membrane-bound mucins: the mechanistic basis for alterations in the growth and survival of cancer cells. Oncogene. 2010 May 20;29(20):2893-904.
(2) Lau SK, et al. Differential expression of MUC1, MUC2, and MUC5AC in carcinomas of various sites: an immunohistochemical study. Am J Clin Pathol. 2004 Jul;122(1):61-9.
(3) Walsh MD, et al. Expression of MUC2, MUC5AC, MUC5B, and MUC6 mucins in colorectal cancers and their association with the CpG island methylator phenotype. Mod Pathol. 2013 Dec;26(12):1642-56.
(4) Sasaki M, et al. Expression Profiles of MUC Mucin Core Protein in the Intrahepatic Biliary System: Physiological Distribution and Pathological Significance. Acta Histochem Cytochem. 2005;38(5):295–303.
(5) Nakajima K, et al. Expression of gastric gland mucous cell-type mucin in normal and neoplastic human tissues. J Histochem Cytochem. 2003 Dec;51(12):1689-98.
(6) Arul GS, et al. Mucin gene expression in Barrett's oesophagus: an in situ hybridisation and immunohistochemical study. Gut. 2000 Dec;47(6):753-61.
(7) Tsukashita S, et al. MUC gene expression and histogenesis of adenocarcinoma of the stomach. Int J Cancer. 2001 Oct 15;94(2):166-70.
(8) Lee HS, et al. MUC1, MUC2, MUC5AC, and MUC6 expressions in gastric carcinomas: their roles as prognostic indicators. Cancer. 2001 Sep 15;92(6):1427-34.
(9) Betge J, et al. MUC1, MUC2, MUC5AC, and MUC6 in colorectal cancer: expression profiles and clinical significance. Virchows Arch. 2016 Sep;469(3):255-65.
(10) Kobayashi M, et al. Reappraisal of the Immunophenotype of Pancreatic Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms (IPMNs)-Gastric Pyloric and Small Intestinal Immunophenotype Expression in Gastric and Intestinal Type IPMNs-. Acta Histochem Cytochem. 2014 May 1;47(2):45-57.

TOP