IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用 ヒストステイナーAT用

Vimentin(V9)

■動物種:マウス
■クローン名:V9
■抗体のクラス/サブクラス:IgG1、κ
■使用目的:組織、細胞中のビメンチンの染色
※コード:718511は、研究用としてのみ使用すること。

 

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
体外診 422101 抗ビメンチンモノクローナル抗体 希釈済
50テスト
(6mL)
42,000   下へ
体外診 722101 抗ビメンチンモノクローナル抗体(ヒストステイナー用 ) 希釈済
60テスト(12mL)
  下へ
研究用 718511 抗ビメンチンモノクローナル抗体(V9)(ヒストステイナー用) 希釈済
50テスト(6.5mL)
 
体外診 AT2210-1 抗ビメンチンモノクローナル抗体(V9)(AT用) 希釈済
50テスト(6.5mL)
H   下へ

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

電子添文

電子添文[+]

※本製品は下記キットの構成試薬となります。

スクロールで確認できます→

販売名 製造販売承認/認証番号 電子添文
ヒストファイン SAB-PO(M)キット (03AM)第0769号 用手法用
ヒストファイン BRIGHTEST Vimentin 230AAEZX00101000 ヒストステイナーAT用

特異性及び抗原分布

ヒト組織中の57kDaのビメンチンと特異的に反応する。グリア線維性酸性プロテインやデスミンとは反応しない。内皮細胞、線維芽細胞および平滑筋細胞など多種の間葉系細胞と反応する。悪性線維性組織球腫などの軟部腫瘍組織には、ビメンチン以外の中間フィラメントは存在しない。

文献

(1) Gabbiani G, et al. Immunochemical identification of intermediate-sized filaments in human neoplastic cells. A diagnostic aid for the surgical pathologist. Am J Pathol. 1981 Sep;104(3):206-16.
(2) Denk H, et al. Proteins of intermediate filaments. An immunohistochemical and biochemical approach to the classification of soft tissue tumors. Am J Pathol. 1983 Feb;110(2):193-208.
(3) Miettinen M, et al. Antibodies to intermediate filament proteins. The differential diagnosis of cutaneous tumors. Arch Dermatol. 1985 Jun;121(6):736-41.
(4) Osborn M, et al. Monoclonal antibodies specific for vimentin. Eur J Cell Biol. 1984 May;34(1):137-43.
(5) Azumi N, et al. The distribution of vimentin and keratin in epithelial and nonepithelial neoplasms. A comprehensive immunohistochemical study on formalin- and alcohol-fixed tumors. Am J Clin Pathol. 1987 Sep;88(3):286-96.
(6) Buley ID, et al. Expression of intermediate filament proteins in normal and diseased thyroid glands. J Clin Pathol. 1987 Feb;40(2):136-42.

TOP