IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用 ヒストステイナーAT用

TTF-1Thyroid Transcription Factor-1

■動物種:マウス
■クローン名:SPT24
■抗体のクラス/サブクラス:IgG1 κ
■使用目的:組織・細胞中のTTF-1の染色

 

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 413841 抗TTF-1モノクローナル抗体(SPT24) 希釈済
50テスト
(6mL)
35,000 H  
研究用 713841 抗TTF-1モノクローナル抗体(SPT24)(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト(12mL)
H  
研究用 AT1384-1 抗TTF-1モノクローナル抗体(SPT24)(AT用) 希釈済
50テスト(6.5mL)
H  

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

特異性および抗原分布

組織中の甲状腺転写因子-1(Thyroid Transcription Factor-1:TTF-1) (38kD)と特異的に反応する。TTF-1は、甲状腺、肺、脳に特異的に発現している転写因子であり、ホメオドメイン転写因子ファミリーに属している。ラットやマウスの相当するタンパク質と98%の相同性がある。タンパク質の酸化状態やリン酸化状態を調節する役割として機能し、甲状腺や肺の正常な発達に必要不可欠であるとされている。正常では、肺の上皮や甲状腺濾胞上皮の核に反応がみられる。腫瘍では肺腺癌、肺の小細胞癌、甲状腺濾胞上皮由来の腫瘍(乳頭癌、濾胞癌等)に反応がみられる。中皮腫には反応がみられないことから、原発性の肺腺癌と悪性中皮腫を鑑別するのに有用なマーカーのひとつである。

文献

(1) Colon D. Bingle: Int. J. Biochem. Cell Biol. 29 : 1471-1473, 1997
(2) Eva Comperat, et al: Modern Pathology 18: 1371-1376, 2005
(3) D Penman, et al: J Clin. Pathology 59 : 663-664, 2006
(4) T. Berghmans, et al: Lung Cancer 52: 219-224, 2006
(5) Paul J. Zhang, et al: International Journal of gynecological Pathology 28 : 10-18, 2009

TOP