IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

  • 腎細胞癌
  • 卵巣癌
  • 甲状腺癌

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用

PAX8(BC12)Paired box 8

■動物種:マウス
■クローン名:BC12
■抗体のクラス/サブクラス:IgG1
■使用目的:組織・細胞中の PAX8 タンパクの染色

 

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 418211 抗PAX8モノクローナル抗体(BC12) 希釈済
50テスト
(6mL)
52,000 H  
研究用 718211 抗PAX8モノクローナル抗体(BC12)(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト
(12mL)
H  

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

特異性および抗原分布

ヒト PAX8(paired box 8)タンパクの C 末端と特異的に反応し、他の PAX ファミリータンパクとは反応しない(3)。PAX8 タンパクは転写因子 PAX ファミリーに属するタンパクである。この PAXファミリーに属するタンパクは、典型的な構造として PAX ドメインとオクタペプチド、そして 1 組のホメオドメインを持ち、胎児発生やがん増殖において核内で重要な役割を果たしている。PAX8 タンパクは腎臓の分化、甲状腺の発達や発育不全に関与している(1)(2)(3)(5)。正常では、腎臓、甲状腺、子宮頚部に反応がみられる(1)(2)。PAX8 以外の PAX ファミリータンパクが存在する B 細胞、膵臓、胃、腸等の神経内分泌細胞には反応はみられない(1)(2)(3)(5)(6)。腫瘍では、腎細胞癌、卵巣癌、甲状腺癌に反応がみられる(3)(4)(7)

注) PAX8が発現している細胞では、核の他に細胞質に弱い染色がみられる場合がある。

文献

(1) Narlis M., et al: Journal of the American Society Nephrology 18(4): 1121-1129, 2007
(2) Tong GT., et al: Modern Pathology 22(9): 1218-1227, 2009
(3) Tacha D., et al: Applied Immunohistochemistry & Molecular Morphology 19(4): 293-299, 2011
(4) Lorenzo PI, et al: Histochemistry and Cell Biology 136: 595-607, 2011
(5) Moretti L, et al.: Modern Pathology 25(2): 231-236, 2012
(6) Tacha D, et al.: Applied Immunohistochemistry & Molecular Morphology 21(1): 59-63, 2013
(7) Adler E et al.: Human Pathology 46(7): 948–956, 2015

TOP