IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用 ヒストステイナーAT用

p63

■動物種:マウス
■クローン名:4A4
■抗体のクラス/サブクラス:IgG2a κ
■使用目的:組織・細胞中のp63の染色

 

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 413751 抗p63遺伝子産物モノクローナル抗体(4A4) 希釈済
50テスト
(6mL)
34,000 H  
研究用 713751 抗p63遺伝子産物モノクローナル抗体(4A4)(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト
(12mL)
H  
研究用 AT1375-1 抗ヒトp63遺伝子産物モノクローナル抗体(4A4)(AT用) 希釈済
50テスト
(6.5mL)
H  

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

特異性および抗原分布

ヒト組織中のヒトp63遺伝子産物(63kDa)(変異型ならびに野生型)と特異的に反応する。p73とともに、p53遺伝子ファミリーのひとつである。正常では、前立腺基底細胞、乳管筋上皮細胞、重層扁平上皮や尿路上皮(移行上皮)等、多くの上皮細胞の基底細胞の核に反応がみられる。腫瘍では、子宮頚癌、咽頭癌など扁平上皮癌(特に低分化癌)に反応がみられる。

文献

(1) Jorge S. Reis-Filho, et al: J Clin Pathol 55:936-939,2002
(2) Jorge S. Reis-Filho, et al: Cancer Cytopathogy 99:172-179,2003
(3) Meryem M. Koker, et al: Am J Surg Pathol. 28(11):1506-1512,2004
(4) Rajal B. Shah, et al: American Journal of Clinical Pathology 122:517-523,2004
(5) Patrick E., et al: Modern Pathology 18:645-650,2005
(6) Poli o.B., et al: Int J Gynecol Cancer 16(1):152-155,2006
(7) Lakshmi P. Kunju, et al: American Journal of Clinical Pathology 125:675-681,2006
(8) Lorenzo Lo Muzio, et al: Cancer Investigation 25:464-469,2007
(9) Victor Weng Leong Ng, et al: American Journal of Clinical Pathology 127:248-253,2007

TOP