IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

  • 子宮頸癌
  • 咽頭癌

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用 ヒストステイナーAT用

p16

■動物種:マウス
■クローン名:JC8
■抗体のクラス/サブクラス:IgG2a
■使用目的:組織・細胞中のヒトp16INK4a タンパク質の染色

■資料
パンフレット

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 418351 抗p16INK4aモノクローナル抗体(JC8) 希釈済
50テスト
(6mL)
35,000 H  
研究用 718351 抗p16INK4aモノクローナル抗体(JC8)(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト
(12mL)
H  
研究用 AT1835-1 抗p16INK4aモノクローナル抗体(JC8)(AT 用) 希釈済
50テスト
(6.5mL)
H  

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

特異性および抗原分布

ヒトp16INK4aタンパク質と特異的に反応する。p16INK4aタンパク質は、9番染色体短腕(9p21)上のCDKN2A(Cyclin Dependent Kinase Inhibitor 2A)遺伝子によりコードされる(1)。CDK阻害因子のINK4ファミリーに属し、細胞周期の進行を調節するがん抑制タンパク質である(2)。正常では、増殖期子宮内膜、乳管上皮、扁桃の陰窩上皮のほか、膵臓のランゲルハンス島、下垂体前葉などの一部の内分泌器官に反応がみられ、主に細胞の核に反応がみられるが、p16INK4aを発現する細胞の多くは細胞質にも反応がみられる(1)。腫瘍では、高リスク型HPV(Human Papilloma Virus)感染に関連した子宮頸癌(3)や中咽頭扁平上皮癌(4)でp16INK4aの過剰発現がみられることがある。また、尿路上皮癌(5)や大腸癌(6)でも発現がみられることがある。p16INK4aの免疫組織化学染色は、子宮頸部の扁平上皮内病変(SIL※ ) /子宮頸部上皮内腫瘍(CIN※ ※)の組織学的分類の補助(7)や前癌病変と未熟扁平上皮化生、萎縮、反応性/炎症性病変などとの判別において有用である(3)(8)(9)

注1:p16INK4aを発現している細胞では、核の他に細胞質にも弱~強程度の染色がみられることがある。
注2:腫瘍内および腫瘍に隣接する反応性の線維芽細胞および内皮細胞等に発現がみられることがある。
※SIL:Squamous intraepithelial lesions ※※CIN:Cervical intraepithelial neoplasia

文献

(1) Nielsen GP, et al. Immunohistochemical survey of p16INK4A expression in normal human adult and infant tissues. Lab Invest. 1999 Sep;79(9):1137-43.
(2) Romagosa C, et al. p16(Ink4a) overexpression in cancer: a tumor suppressor gene associated with senescence and highgrade tumors. Oncogene. 2011 May 5;30(18):2087-97.
(3) Jedpiyawongse A, et al. Immunohistochemical overexpression of p16 protein associated with cervical cancer in Thailand. Asian Pac J Cancer Prev. 2008 Oct-Dec;9(4):625-30.
(4) Shelton J, et al. p16 immunohistochemistry in oropharyngeal squamous cell carcinoma: a comparison of antibody clones using patient outcomes and high-risk human papillomavirus RNA status. Mod Pathol. 2017 Sep;30(9):1194-1203.
(5) Yang CH, et al. Expressions of p16 and p27 in urothelial carcinoma and their prognostic value. Kaohsiung J Med Sci. 2014 Sep;30(9):453-8.
(6) Al-Ahwal M, et al. p16 protein is upregulated in a stepwise fashion in colorectal adenoma and colorectal carcinoma. Saudi J Gastroenterol. 2016 Nov;22(6):435-440.
(7) Stoler MH, et al. Routine Use of Adjunctive p16 Immunohistochemistry Improves Diagnostic Agreement of Cervical Biopsy Interpretation: Results From the CERTAIN Study. Am J Surg Pathol. 2018 Aug;42(8):1001-1009.
(8) Darragh TM, et al. The Lower Anogenital Squamous Terminology Standardization Project for HPV-Associated Lesions: background and consensus recommendations from the College of American Pathologists and the American Society for Colposcopy and Cervical Pathology. Arch Pathol Lab Med. 2012 Oct;136(10):1266-97.
(9) Kalof AN, et al. Our approach to squamous intraepithelial lesions of the uterine cervix. J Clin Pathol. 2007 May;60(5):449-55.

TOP