IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

  • びまん性大細胞型B細胞リンパ腫
  • びまん性大細胞型B細胞リンパ腫
  • 扁桃
  • 結腸

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用 ヒストステイナーAT用

MUM1Multiple myeloma oncogene 1、IRF4

■動物種:マウス
■クローン名:EAU32
■抗体のクラス/サブクラス:lgG1
■使用目的:組織・細胞中のMUM1の染色。研究用としてのみ使用すること。

■資料
パンフレット

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 418411 抗MUM1モノクローナル抗体(EAU32) 希釈済
50テスト
(6mL)
34,000 H  
研究用 718411 抗MUM1モノクローナル抗体(EAU32)(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト
(12mL)
H  
研究用 AT1841-1 抗MUM1モノクローナル抗体(EAU32)(AT用) 希釈済
50テスト
(6.5mL)
H  

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

特異性および抗原分布

MUM1(Multiple myeloma oncogene 1)と特異的に反応する。MUM1(別名:IRF4)は、免疫細胞の分化に重要な役割を果たすインターフェロン調節転写因子の1つである(1)(2)。正常では、分化後期段階の胚中心B細胞、形質細胞、活性化T細胞、メラノサイトなどの核に発現がみられる(3)。腫瘍では、多発性骨髄腫、古典的ホジキンリンパ腫やびまん性大細胞型B細胞リンパ腫・非特定型(DLBCL, NOS)の一部などで発現がみられる(4)。MUM1の免疫組織化学染色はCD10、BCL-6と共に、DLBCL, NOSにおいて起源となる細胞(GCB※1/non-GCB※2)の分類に使用されている(5)(6)

注) MUM1が発現している細胞は、核の他に細胞質にも弱〜中程度の染色がみられることがある。
※1 GCB:Germinal center B-cell-like(胚中心B細胞様)
※2 non-GCB:non-Germinal center B-cell-like(非胚中心B細胞様)

文献

(1) Heo MH, et al. IRF4/MUM1 expression is associated with poor survival outcomes in patients with peripheral T-cell lymphoma. J Cancer. 2017 Mar 29;8(6):1018-1024.
(2) Agnarelli A, et al. IRF4 in multiple myeloma-Biology, disease and therapeutic target. Leuk Res. 2018 Sep;72:52-58.
(3) Huang W, et al. MUM-1 expression differentiates AITL with HRS-like cells from cHL. Int J Clin Exp Pathol. 2015 Sep 1;8(9):11372-8.
(4) Natkunam Y, et al. Analysis of MUM1/IRF4 protein expression using tissue microarrays and immunohistochemistry. Mod Pathol. 2001 Jul;14(7):686-94.
(5) Swerdlow SH, et al. WHO classification of tumor, Tumors of haematopoietic and lymphoid tissuesrevised 4th Ed.IARC Press.2017
(6) Hans CP, et al. Confirmation of the molecular classification of diffuse large B-cell lymphoma by immunohistochemistry using a tissue microarray. Blood. 2004 Jan 1;103(1):275-82.

TOP