IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

  • 直腸神経内分泌腫瘍
  • 膵神経内分腫瘍
  • 肺大細胞神経内分泌癌

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用 ヒストステイナーAT用

INSM1Insulinoma-associated protein 1

■動物種:マウス
■クローン名:A-8
■抗体のクラス/サブクラス:lgG1κ
■使用目的:組織・細胞中のINSM1の染色。研究用としてのみ使用すること。

■資料
パンフレット

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 418401 抗INSM1モノクローナル抗体(A-8) 希釈済
50テスト
(6mL)
43,000 H  
研究用 718401 抗INSM1モノクローナル抗体(Aー8)(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト
(12mL)
H  
研究用 AT1840-1 抗INSM1モノクローナル抗体(A-8)(AT用) 希釈済
50テスト
(6.5mL)
H  

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

特異性および抗原分布

INSM1(Insulinoma-associated protein 1)と特異的に反応する。INSM1 は染色体 20p11.2 上のINSM1 遺伝子にコードされる 510 アミノ酸からなる約 53kDa の転写因子であり(1)(2)、膵内分泌細胞の分化や神経の発生に重要な役割を果たす(3)(4)。正常では、INSM1 を発現する細胞は限定されており、消化管や呼吸器などの神経内分泌細胞、膵島細胞などの核に反応がみられる(5)(6)。腫瘍では、神経内分泌腫瘍(消化管: 95%、膵: 94.4%、肺: 95%、子宮頸部: 94%、乳腺: 82.5%)では高率に反応がみられるが、非神経内分泌腫瘍では低率であることから(6)~(10)、神経内分泌分化の有用なマーカーである(7)(8) 。INSM1 は従来の神経内分泌マーカー(Chromogranin A、Synaptophysin、CD56)に比べ特異度及び感度が高いことが報告されており(11)、これらのマーカーとの併用が神経内分泌腫瘍の判別に有用である(6)

注 1:INSM1 の細胞内発現パターンは核であるので(6)~(8)、核の染色を強拡大にて観察すること。
注 2:INSM1 が発現している細胞は、核の他に細胞質にも弱〜中程度の染色がみられることがある。

文献

(1) Lan MS, et al. Genomic organization, 5'-upstream sequence, and chromosomal localization of an insulinoma-associated intronless
gene, IA-1. J Biol Chem. 1994 May 13;269(19):14170-4.
(2) Goto Y, et al. A novel human insulinoma-associated cDNA, IA-1, encodes a protein with "zinc-finger" DNA-binding motifs. J Biol
Chem. 1992 Jul 25;267(21):15252-7.
(3) Chen C, et al. Insulinoma-Associated-1: From Neuroendocrine Tumor Marker to Cancer Therapeutics. Mol Cancer Res. 2019
Aug;17(8):1597-1604.
(4) Gierl MS, et al. The zinc-finger factor Insm1 (IA-1) is essential for the development of pancreatic beta cells and intestinal
endocrine cells. Genes Dev. 2006 Sep 1;20(17):2465-78.
(5) Yoshida A, et al . INSM1 expression and its diagnostic significance in extraskeletal myxoid chondrosarcoma. Mod Pathol. 2018
May;31(5):744-752.
(6) Rosenbaum JN, et al. INSM1: A Novel Immunohistochemical and Molecular Marker for Neuroendocrine and Neuroepithelial
Neoplasms . Am J Clin Pathol. 2015 Oct;144(4):579-91.
(7) McHugh KE, et al. INSM1 Is a Highly Specific Marker of Neuroendocrine Differentiation in Primary Neoplasms of the
Gastrointestinal Tract, Appendix, and Pancreas. Am J Clin Pathol. 2020 May 5;153(6):811-820.
(8) Mukhopadhyay S, et al. Insulinoma-associated protein 1 (INSM1) is a sensitive and highly specific marker of neuroendocrine
differentiation in primary lung neoplasms: an immunohistochemical study of 345 cases, including 292 whole-tissue sections. Mod
Pathol. 2019 Jan;32(1):100-109.
(9) Kuji S, et al. Immunosensitivity and specificity of insulinoma-associated protein 1 (INSM1) for neuroendocrine neoplasms of the
uterine cervix. J Gynecol Oncol. 2023 Jan;34(1):e1.
(10) Metovic J, et al. INSM1 Expression in Breast Neoplasms with Neuroedocrine Features. Endocr Pathol. 2021 Dec;32(4):452-460.
(11) Rooper LM, et al. INSM1 Demonstrates Superior Performance to the Individual and Combined Use of Synaptophysin, Chromogranin
and CD56 for Diagnosing Neuroendocrine Tumors of the Thoracic Cavity. Am J Surg Pathol. 2017 Nov;41(11):1561-1569.

TOP