IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

  • 肺腺癌
  • 乳癌
  • 腎臓癌

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用 ヒストステイナーAT用

IMP-3Insulin-like growth factorⅡ mRNA-binding protein-3

■動物種:マウス
■クローン名:1F12E4
■抗体のクラス/サブクラス:IgG κ
■使用目的:組織・細胞中のヒトIMP-3 の染色

 

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 418151 抗IMP-3モノクローナル抗体 希釈済
50テスト
(6mL)
42,000 H  
研究用 718151 抗IMP-3モノクローナル抗体(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト
(12mL)
H  
研究用 AT1815-1 抗IMP-3モノクローナル抗体(AT 用) 希釈済
50テスト
(6.5mL)
H  

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

特異性および抗原分布

ヒトIMP-3 (Insulin-like growth factor II mRNA-binding protein-3)と特異的に反応する。IMP-3 は580 アミノ酸残基からなるRNA 結合型癌胎児性タンパク質であり、4 つのK ホモロジードメインを有するInsulin-like growth factor II mRNA-binding protein ファミリーに属している。細胞接着や腫瘍浸潤などに関与しており、腫瘍の細胞増殖や生存に重要な役割をしていると考えられている。染色は細胞質にみられる。正常では、ほとんどの部位で強い反応はみられないが、精巣、卵巣、子宮頸管上皮、腸上皮、胚中心リンパ球においてわずかに反応がみられる場合がある(2)(3)。腫瘍では、肺腺がん(1)(16)、肺扁平上皮がん(1)(16)、腎臓がん(7)(8)(17)、胃がん(12)、乳がん(11)、前立腺がん(14)、大腸がん(10)、悪性黒色腫(6)、B細胞性リンパ腫(ホジキンリンパ腫、バーキットリンパ腫、濾胞性リンパ腫、びまん性大細胞リンパ腫等)(13)等、多くの腫瘍に反応がみられる。これら多種の腫瘍において転移や再発の可能性、生存率等の予後因子としての有用性が示唆されている。

文献

(1)T. Wang, et al.: British Journal of Cancer 88, 887-894, 2003
(2)Niels A H., et al.: Reproduction 130, 203-212, 2005
(3)R. Simon, et al.: Human Pathology 38, 1178-1183, 2007
(4)T. Suda, et al.: Cancer Sci 98(NO. 11), 1803-1808, 2007
(5)Y. Mizukami, et al.: Cancer Sci 99(NO. 7), 1448-1454, 2008
(6)J. G. Pryor, et al.: Modern Pathology 21, 431-437, 2008
(7)Jiang Z., et al.: Cancer 112(12), 2676-2682, 2008
(8)Jiang Z., et al.: Clin Cancer Res. 14(17), 5579-5584, 2008
(9)K. Kono, et al.: Cancer Sci 100(NO. 8), 1502-1509 , 2009
(10)Dawei Li, Ann Surg Oncol 16, 3499-3506, 2009
(11)Walter, .,et al, Hum Pathol 40(11), 1528-1533, 2009
(12)Y. M. Jeng, et al.: Br J Surg 96, 66-73, 2009
(13)King RL., et al.: Hum Pathol 40, 1699-1705, 2009
(14)Ikenberg K., et al.: BMC Cancer 10, 341, 2010
(15)K. Okada, et al.: J Surg Oncol 105(8): 780-785, 2011
(16)Beljan Perak, et al.: Diagnostic Pathology 7, 165, 2012
(17)Ji Young Park, et al.: The Korean Journal of Pathology 48, 108-116, 2014

TOP