IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用 ヒストステイナーAT用

GFAP(GA5)Glial Fibrillary Acidic Protein

■動物種:マウス
■クローン名:GA5
■抗体のクラス/サブクラス:IgG1、κ
■使用目的:組織、細胞中のGFAPの染色
※コード:718491、AT1226-1は、研究用としてのみ使用すること。

 

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
体外診 422261 抗グリア線維性酸性プロテインモノクローナル抗体 希釈済
50テスト
(6mL)
42,000   下へ
体外診 722261 抗グリア線維性酸性プロテインモノクローナル抗体(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト(12mL)
  下へ
研究用 718491 抗グリア線維性酸性プロテインモノクローナル抗体(GA5)(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト(12mL)
 
研究用 AT1226-1 抗グリア線維性酸性プロテインモノクローナル抗体(AT用) 希釈済
50テスト(6.5mL)
H   下へ

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

電子添文

電子添文[+]

※本製品は下記キットの構成試薬となります。

スクロールで確認できます→

販売名 製造販売承認/認証番号 電子添文
ヒストファイン SAB-PO(M)キット (03AM)第0769号 用手法用

特異性及び抗原分布

ヒトグリア線維性酸性プロテイン(GFAP)と反応する。一部のアストロサイトおよび中枢神経の上衣細胞と反応するが、オリゴデンドロサイトやニューロンとは反応しない。また、他の中間フィラメントタンパクとは反応しない。

文献

(1) DeArmond, S. J. et al: Pathol Res Proct. 168: 374, 1980
(2) Velasco, M. E. et al: Cancer 45: 484, 1980
(3) Bonnin, J. M. et al: Acta Neuropathol 62: 185, 1984
(4) Royds et al: Acta Neuropathol 70: 320, 1986
(5) Debus et al: Differentiation 25: 193, 1983
(6) Coakham et al: Prog Exp Tumor Res 29: 57, 1985

TOP