IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用 ヒストステイナーAT用

ER(SP1)Estrogen Receptor

■動物種:ウサギ
■クローン名:SP1
■抗体のクラス/サブクラス:ウサギIgG
■使用目的:組織、細胞中のエストロゲンレセプター(ER)の検出(悪性腫瘍の診断補助)

 

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
体外診 423911 抗ヒトエストロゲンレセプターウサギモノクローナル抗体(SP1) 希釈済
50テスト
(6mL)
64,000 H   下へ
体外診 423931 抗ヒトエストロゲンレセプターウサギモノクローナル抗体(SP1) 未希釈
0.5mL
98,000 H   下へ
体外診 723911 抗ヒトエストロゲンレセプターウサギモノクローナル抗体(SP1)(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト
(12mL)
H   下へ
体外診 AT2391-1 抗ヒトエストロゲンレセプターウサギモノクローナル抗体(SP1)(AT用) 希釈済
50テスト
(6.5mL)
H   下へ

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

電子添文

電子添文[+]

※本製品は下記キットの構成試薬となります。

スクロールで確認できます→

販売名 製造販売承認/認証番号 電子添文
ヒストファイン シンプルステインMAX-PO(MULTI) 21300AMZ00321000 用手法用
ヒストステイナー用
ヒストファイン BRIGHTEST 23000EZX00044000 ヒストステイナーAT用

特異性および抗原分布

ヒトエストロゲンレセプター(ER)α(67kD)と特異的に反応する。ヒト乳癌細胞株MCF-7 とも反応する。細胞の核に反応がみられる。正常では、子宮の内膜上皮や筋層、乳腺の上皮細胞に反応がみられる。腫瘍では、ホルモン依存性腫瘍に反応がみられる。ホルモン依存性腫瘍の場合、その増殖にER が関与している。ER 陽性の乳癌はホルモン療法によく反応し予後がよい。このため、ER の発現の有無を同定することが、ホルモン療法の効果の指標として重要である。

文献

(1) Ferrero-Pous M, et al. Comparison of enzyme immunoassay and immunohistochemical measurements of estrogen and progesterone receptors in breast cancer patients. Appl Immunohistochem Mol Morphol. 2001 Sep;9(3):267-75.
(2) Huang Z, et al. Development of new rabbit monoclonal antibody to estrogen receptor: immunohistochemical assessment on formalin-fixed, paraffin-embedded tissue sections. Appl Immunohistochem Mol Morphol. 2005 Mar;13(1):91-5.
(3) Umemura S, et al. Immunohistochemical evaluation for hormone receptors in breast cancer: a practically useful evaluation system and handling protocol. Breast Cancer. 2006;13(3):232.
(4) Cheang MC, et al. Immunohistochemical detection using the new rabbit monoclonal antibody SP1 of estrogen receptor in breast cancer is superior to mouse monoclonal antibody 1D5 in predicting survival. J Clin Oncol. 2006 Dec 20;24(36):5637-44.
(5) Tan BK, et al. Clinical validation of a customized multiple signature microarray for breast cancer. Clin Cancer Res. 2008 Jan 15;14(2):461-9.

TOP