IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用

ERGEts-related gene

■動物種:ウサギ
■クローン名:EP111
■抗体のクラス/サブクラス:Rabbit IgG
■使用目的:組織・細胞中のヒト ERG の染色

 

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 418111 抗ERGウサギモノクローナル抗体 希釈済
50テスト
(6mL)
52,000 H  
研究用 718111 抗ERGウサギモノクローナル抗体(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト
(12mL)
H  

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

特異性および抗原分布

ヒトERG(Ets-related gene; ETS関連遺伝子)タンパクと特異的に反応する。ERGは、DNA 結合転写因子で、41kDaの核タンパクである。細胞の発生、分化、増殖、アポトーシス、組織の再構築などにおいて重要な役割を果たすETS(erythroblast transformation-specific)転写因子ファミリーのメンバーである。ERGを含むいくつかのETS転写因子ファミリー遺伝子の転座は、腫瘍の発生と進行に関連していることが報告されている(1)(2)。正常組織では、多くの組織の血管内皮細胞やリンパ球、骨髄前駆細胞などの核に反応がみられるが腺上皮には反応はみられない。腫瘍組織では、前立腺癌(3)-(9)(14)(15)(欧米では全体の50%程度(10)(13)、日本では全体の16-28%程度)、高度異型前立腺上皮内腫瘍(hige grade prostatic intraepithelial neoplasio; HGPIN)(10-20%)等の腫瘍細胞の核に反応がみられる。また、多種の血管腫瘍等の腫瘍細胞の核にもみられる(12)。良性前立腺過形成(benign prostatic hyperplasia; BPH)や増殖性炎症性萎縮(proliferative inflammatory atrophy; PIA)では反応はみられない。前立腺癌においてTMPRSS2-ERG遺伝子融合が確認されている場合、より悪性度の高い前立腺癌に関連しているとの報告がある。

文献

(1) Reddy ES., et al: Proc. Natl. Acad. Sci. USA 84: 6131-6135, 1987
(2) Okikawa T. : Cancer SCIENCE 95: 626-633, 2004
(3) FitzGerald LM., et al: BMC Cancer 8: 230, 2008
(4) Mumer-Sinha C., et al: NATURE REVIEWS: Cancer 8: 497-511, 2008
(5) Leong M., et al: Pathology and Laboratory Medicine International: 13-21, 2009
(6) B Furusato, et al: Prostate Cancer and Prostatic Diseases 13: 228-237, 2010
(7) Sarah M., et al: Clin Cancer REsearch 17: 5878-5888, 2011
(8) Falzarano SM., et al: Virchows Arch 459: 441-447, 2011
(9) Alcides C., et al: Am J Surg Pathol 35: 1014-1020, 2011
(10) Kyung P., et al:NEOPLASIA 12(7): 590-598, 2010
(11) Lillan H., et al: Int J Clin Pathol 4(7): 644-650, 2011
(12) Miettinen M., et al: Am J Surg Pathol 35: 432-441, 2011
(13) Rosen P., et al: NATURE REVIEWS UROLOGY 9: 131-137, 2012
(14) M. Braun, et al:Prostate Cancer and Prostatic Diseases: 1-5, 2012
(15) AM Hoogland, et al: Modern Pathology 25: 471-479, 2012

TOP