IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

  • 大腸癌(肝臓へ転移)
  • 大腸癌(肺へ転移)
  • 正常大腸
  • 大腸癌(肺へ転移)

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用 ヒストステイナーAT用

CDX-2

■動物種:ウサギ
■ クローン名:EPR2764Y
■抗体のクラス/サブクラス:ウサギ IgG
■使用目的:組織・細胞中のヒトCDX-2の染色

 

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 418011 抗CDX-2ウサギモノクローナル抗体 希釈済
50テスト
(6mL)
42,000 H  
研究用 718011 抗CDX-2ウサギモノクローナル抗体(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト
(12mL)
H  
研究用 AT1801-1 抗CDX-2ウサギモノクローナル抗体(AT用) 希釈済
50テスト
(6.5mL)
H  

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

特異性および抗原分布

ヒトCDX2(caudal-related homeodomain protein 2)タンパク質と特異的に反応する。CDX2遺伝子1)は、Homeobox gene familyのひとつであり、転写因子機能を有し、主に、腸粘膜の発達と維持に関与している。正常では、腸管上皮(十二指腸~直腸)の核に発現がみられる。腫瘍では、大腸腺癌3),7),15)、十二指腸腺腫、胃腺癌2),5),11)、食道腺癌、卵巣粘液性腺癌等8),9),10)で高い頻度で発現がみられる6)。膵腺癌、胆管癌、胆嚢癌、カルチノイド14),16)でも発現がみられ、頻度は低いが、肺非小細胞癌6)でもみられる場合がある。肝細胞癌、非粘液性卵巣癌、膀胱移行上皮癌、扁平上皮癌、肺腺癌4),13)、肺小細胞癌等ではみられない6)
注)組織の固定状態等により、肝細胞の細胞質に染色所見(弱から中程度の強度)がみられる場合がある。

文献

(1) F. Drummond, et al:Ann. Hum. Genet. 61:393-400, 1997
(2) Seno H, et al:Int J Oncol. 21(4) :769-774, 2002
(3) Moskaluk CA, et al: Mod Pathol 16(9):913-919, 2003
(4) Barbareschi M, et al:Am J Surg Pathol. 27(2):141-149, 2003
(5) Mizoshita T, et al:J Cancer Res Clin Oncol. 129(12):727-734, 2003
(6) Robert W. Werling, et al:Am J Surg Pathol. 27(3):303-310, 2003
(7) Saad RS, et al:Cancer. 25;102(3):168-173, 2004
(8) Raspollini MR, et al:Appl Immunohistochem Mol Morphol. 12(2):127-131, 2004
(9) Kim MJ.: J Korean Med Sci. 20(4):643-648, 2005
(10) Mazziotta RM, et al:Appl Immunohistochem Mol Morphol. 13(1):55-60, 2005
(11) Fan Z, et al:Clin Cancer Res. 11(17):6162-6170, 2005
(12) José A Ortiz-Rey, et al:Appl Immunohistochem Mol Morphol. 13(2):142-146, 2005
(13) Levine PH, et al: Diagn Cytopathol. 34(3):191-195, 2006
(14) Jaffee IM., et al:Arch Pathol Lab Med 130:1522-1526, 2006
(15) Tanaka S, et al: Oncol Rep. 18(1):87-92, 2007
(16) Lin X, et al:Appl Immunohistochem Mol Morphol. 15(4):407-414:2007

TOP