IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用 ヒストステイナーAT用

CD3(SP7)

■動物種:ウサギ
■クローン名:SP7
■抗体のクラス/サブクラス:ウサギ IgG
■使用目的:組織・細胞中のヒトT細胞の染色

 

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 413591 CD3ウサギモノクローナル抗体(SP7) 希釈済
50テスト
(6mL)
35,000 H  
研究用 713591 CD3ウサギモノクローナル抗体(SP7)(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト
(12mL)
H  
体外診 AT2359-1 CD3ウサギモノクローナル抗体(SP7)(AT 用) 希釈済
50テスト
(6.5mL)
H   下へ

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

電子添文

電子添文[+]

※本製品は下記キットの構成試薬となります。

スクロールで確認できます→

販売名 製造販売承認/認証番号 電子添文
ヒストファイン BRIGHTEST CD3(SP7) 230AAEZX00092000 ヒストステイナーAT用

特異性および抗原分布

ヒトCD3のε鎖と特異的に反応する。T細胞の細胞膜と一部細胞質に反応し、T細胞マーカーとして用いられる。CD3は5種類の鎖(γ、δ、ε、ζ、η)があり、T細胞抗原受容体(T CELL receptor)に結合している。

文献

(1) Mori H, et al. Pathobiology of the 129:Stat1 -/- mouse model of human age-related ER-positive breast cancer with an immune infiltrate-excluded phenotype. Breast Cancer Res. 2017 Sep 2;19(1):102.
(2) Chen K, et al. Tumor-Infiltrating CD4+ Lymphocytes Predict a Favorable Survival in Patients with Operable Esophageal Squamous Cell Carcinoma. Med Sci Monit. 2017 Sep 26;23:4619-4632.
(3) Moussion C, et al. The IL-1-like cytokine IL-33 is constitutively expressed in the nucleus of endothelial cells and epithelial cells in vivo: a novel 'alarmin'? PLoS One. 2008 Oct 6;3(10):e3331.

TOP