IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用 ヒストステイナーAT用

CalretininCR

■動物種:ウサギ
■クローン名:SP13
■抗体のクラス/サブクラス:ウサギ IgG
■使用目的:組織・細胞中のヒトカルレチニンの染色

 

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 413561 抗カルレチニンウサギモノクローナル抗体(SP13) 希釈済
50テスト
(6mL)
42,000 H  
研究用 713561 抗カルレチニンウサギモノクローナル抗体(SP13)(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト
(12mL)
H  
研究用 AT1356-1 抗カルレチニンウサギモノクローナル抗体(SP13)(AT用) 希釈済
50テスト
(6.5mL)
H  

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

特異性および抗原分布

ヒト組織中の31.5kDaのカルレチニンと特異的に反応する。カルレチニンは、カルシウム結合能を持つEFハンド領域を有するトロポニンCスーパーファミリーに属するタンパクである。正常では、中枢神経組織、末梢神経組織等神経細胞、発育した小脳皮質に存在するプルキンエ細胞、籠細胞、すべての漿膜にある正常および反応性の中皮細胞の細胞質と核に反応がみられる。腫瘍では、多くの中皮腫やいくつかの肺腺癌で反応が見られる。中皮腫と腺癌の区別に有用であるが、他のマーカーと組合わせて使用することが望ましい。

TOP