IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用 ヒストステイナーAT用

CA19-9

■動物種:マウス
■ クローン名:C241:5:1:4
■抗体のクラス/サブクラス:IgG1
■使用目的:組織・細胞中のCA19-9の染色

 

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 413811 抗CA19-9モノクローナル抗体 希釈済
50テスト
(6mL)
35,000 H  
研究用 713811 抗CA19-9モノクローナル抗体(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト
(12mL)
H  
研究用 AT1381-1 抗 CA19-9モノクローナル抗体(AT用) 希釈済
50テスト
(6.5mL)
H  

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

特異性および抗原分布

組織中のヒトCA19-9抗原と反応する。LewisaおよびLewisb血液型抗原は糖脂質や糖タンパク上のエピトープを形成する炭水化物であり、CA19-9抗原は、Lewisa血液型抗原がシアリル化したルイスA(Lewisa)5単糖である。細胞膜や分泌物中に存在し、正常では乳腺、腎臓、唾液腺、汗腺の導管、肺の気管支上皮、大腸の管腔上皮、前立腺の導管上皮に反応がみられる。腫瘍では、胃、腸および膵臓の腺癌を含む消化管腫瘍の大部分に反応がみられ、また、肺腺癌、扁平上皮癌、および小細胞癌を含む肺腫瘍全般においても反応がみられる。中皮腫では反応はみられない。

文献

(1) C. Haglund, et al: Br. J. Cancer 60 : 845-851, 1989
(2) P. Kuusela, et al: Br. J. Cancer 63 : 636-640, 1991
(3) Christine P. Hans, et al: BLOOD 103:275-282,2004
(4) Chunlin Ye, et al: Gynecologic Oncology 52 : 267-271, 1994

TOP