IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

保管温度2~8℃

用手法用 ヒストステイナー用

ALK(5A4)anaplastic lymphoma kinase,CD246

■動物種:マウス
■クローン名:5A4
■抗体のクラス/サブクラス:IgG1
■使用目的:組織・細胞中のヒトanaplastic lymphoma kinase(ALK)の染色

 

スクロールで確認できます→

■抗原賦活の記号
 熱処理:H、酵素処理:P、処理なし:-

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
抗原
賦活
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 413681 抗ALKモノクローナル抗体(5A4) 希釈済
50テスト
(6mL)
42,000 H  
研究用 713681 抗ALKモノクローナル抗体(5A4)(ヒストステイナー用) 希釈済
60テスト
(12mL)
H  

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

特異性および抗原分布

Ki-1リンパ腫の約40%にみられるt(2;5)(p23;q35)転座により、核リン酸蛋白質ヌクレオホスミン(NPM)とanaplastic lymphoma kinase(ALK)の遺伝子が融合してできたキメラ遺伝子から作られた分子量80kDaのキメラ蛋白質と反応する。また、200kDaの正常ヒトALKタンパクとも反応する。腫瘍では、未分化大細胞型リンパ腫にみられる。

TOP