IHC・ISH試薬 Molecular Diagnostics Division

保管温度2〜8℃

用手法用

ヒストファイン シンプルステインMAX-PO(G)

ヒト組織用
[ヤギ第一抗体用]
ペルオキシダーゼ標識抗ヤギIgGポリクローナル抗体(Fab’)(動物種:ウサギ)

構成試薬:
酵素標識第二抗体…アミノ酸ポリマーにペルオキシダーゼとFab’にした抗ヤギIgG(動物種:ウサギ)を結合させた標識ポリマー

■資料
技術情報

スクロールで確認できます→

 

体外診/
研究用
コード 品名 包装 価格(円)
(税抜)
  電子
添文
使用
説明書
SDS
研究用 414161 ヒストファイン シンプルステインMAX-PO(G) 170テスト
(17mL×1本)
40,000  
研究用 414162 ヒストファイン シンプルステインMAX-PO(G) 500テスト
(17mL×3本)
60,000  

用手法用

ヒストステイナー用

ヒストステイナーAT用

※弊社へお問い合わせください

測定原理

シンプルステインMAX-PO(G)は、アミノ酸ポリマーに、ペルオキシダーゼ(PO)とFab'にした第二抗体を結合させた標識ポリマーでヒト組織、 細胞に使用可能です。ヤギの第一抗体に使用できます。 ヒト組織切片上の抗原に第一抗体を反応させ、次にシンプルステインMAX-PO(G)を反応させると、抗原・第一抗体・ポリマー・酵素の複合体を形成することができます。この複合体の酵素活性を利用し基質を発色させ、抗原部位を染色します。

特長

●第一抗体に反応させた後は発色させるだけです。ストレプトアビジン・ビオチン(SAB)法で行う正常血清によるブロッキング操作、第二抗体および酵素試薬の反応の3ステップを1ステップに省略できます。
●ストレプトアビジン・ビオチン(SAB)法と比べて高感度・低バックグラウンド、強い染色結果が得られます。
●調製済みのため、そのまま使用可能(1ボトルタイプ)です。
●アビジン・ビオチン系を利用しないため、内因性ビオチンの影響を受けません。

関連製品

ヒト組織用[マウス第一抗体用]ヒストファイン シンプルステインMAX-PO(M)

ヒト組織用[ウサギ第一抗体用]ヒストファイン シンプルステインMAX-PO(R)

ヒト組織用[マウス・ウサギ第一抗体両用]ヒストファイン シンプルステインMAX-PO(MULTI)

TOP